ニコチン切れの辛い思いをせず禁煙できるチャンピックス

タバコは、現在でも多くの人が愛用している嗜好品の一種ですが、発がん物質のタールをはじめとして数百種類にも及ぶ有害物質を含んでいます。また、有害物質の多くは煙に含まれているので、吸っている本人だけではなく周囲の健康にもマイナスの影響を及ぼしてしまいます。実際に、本人はタバコを吸わないにもかかわらず喫煙者による副流煙により肺がんとなり命を失ったというケースも報告されています。

このために、喫煙者の多くは禁煙にチャレンジするのですが、成功するのは非常に困難です。これは、タバコにはニコチンという物質が含まれており、強い中毒性を持っていることが関係しています。ニコチンは脳内のレセプターと結合することにより、ドーパミンという快楽物質が放出されます。このために、精神的にリラックスした状態となるのですが、これが常態化すると不足した時に禁断症状に見舞われます。

このニコチン切れによる辛い思いをすることなく禁煙に成功できるのが、チャンピックスという内服薬です。ニコチンが結合するレセプターに代わりに結びつくので、タバコを吸ってもドーパミンが放出されません。このために、タバコを吸ってもリラックスすることが出来二ので、禁煙に成功するという内容です。

また、チャンピックスを服用することにより、ドーパミンは少しだけ分泌されます。このために、ニコチンが切れた時の禁断症状による辛い思いはかなり軽くなります。さらに、チャンピックスは内服薬であり、使用するときに煙が出る様なことはありません。つまり、周囲にいる人も辛い思いをすることがないということです。この様に、魅力的な内容を備えているチャンピックスは禁煙治療薬として承認されており、医療機関で購入することが出来ます。