ファイザー提供の医薬品チャンピックスの効果

チャンピックスは、世界で売上1位の製薬会社であるファイザーが提供している医薬品です。ファイザーは、アメリカの製薬会社ですが、チャンピックスは既に日本の厚生労働省にも承認されています。この医薬品を使用するのは、タバコを止めるという目的のためです。

タバコは、多くの人に親しまれている嗜好品ですが、タールや一酸化炭素、アンモニアなどの数百種類以上の有害物質を発生します。しかも、これらの多くは煙に含まれているので、被害は喫煙者だけに限定されたものではありません。特に、小さい子供がいる様な場合は、発育に影響を及ぼす可能性があります。

ただし、タバコが体に悪いということは広く共有されている情報です。つまり、喫煙者の多くは認識しているということです。それにもかかわらず何故タバコを吸っているかというと、止めたくても止められないからだと考えられます。これは、タバコに含まれているニコチンには、非常に強い中毒性があるからです。

ニコチンは、脳内の受容体と結合することにより、ドーパミンという快楽物質を放出します。これにより精神的には落ち着いた気持ちとなるのですが、不足した場合には落ち着かなくなります。強い渇望感に見舞われることにより、吸わずにはいられなくなるのです。これが、多くの人がタバコを止めたいと考えているにも関わらず成功できない理由です。

しかし、ファイザーが提供している医薬品のチャンピックスを使用することで、禁煙に成功する確率は飛躍的に高くなります。これは、ニコチンが結合する受容体に代わりに結びつくことにより、少量のドーパミンを放出するという作用によるものです。これにより、禁煙中の禁断症状は軽くなるので、時間が経過するごとにタバコから離れることが出来ます。